2020年6月1日

【結論】煙草を本当に辞めたいなら電子タバコを使うべし!

投稿者: ダダン・ダン・ダンダ・ダ・ダダンダン

タバコが体に悪いことくらいは、誰だってわかっています。でもやめれないんです。なぜか、タバコを吸うこと自体が日常に深く浸透しているからです。ニコチンがどうとか、クラーっとする感覚がいいとか、そんなことよりも、タバコを吸う、この動作自体に依存しているケースがほとんどです。

言い換えれば、タバコの代わりになる、何かしらのツールを活用すればいいのです。

何を活用するか

では、タバコの代わりに何を活用するのがいいのか。手っ取り早いところでいえば、ガムや飴のような、噛んだり舐めたりできるものを取り入れがちです。が、これではなかなか禁煙は成功しません。

これで禁煙できる人は、相当精神力が強いか、はたまたタバコ歴が浅いかのどちらかです。少なくとも、ヘビースモーカーが、ある日突然タバコをガムや飴に変えて、スムーズに禁煙が成功するなどということは、まずありえません。成功率は限りなくゼロに近いと言えるでしょう。

ではなぜ、ガムや飴ではなかなか禁煙がうまくいかないのでしょうか。冒頭での述べた通り、タバコを吸うこと自体が日常に深く浸透しているからです。

タバコの代わりになるもの

タバコをやめるには、タバコと似たようなものを活用し、そこから徐々に遠ざけていくというのがベストです。身近な例でいえば、ダイエットもよく似た性質を有しています。

ほら、ダイエットをする際、ある日突然食事量を減らしても、なかなかうまくはいきませんよね。断食なんかもってのほかです。そうではなくて、カロリー数だけをうまく減らしていく、工夫が必要になってきます。

例えば、ハンバーグを作る際、豚や牛のひき肉ではなく、豆腐を使ったり、鶏肉を使ったりといった感じです。タバコの場合、こういった工夫を実現してくれるのは、電子タバコだけです。

電子タバコは、煙の代わりに水蒸気を発生してくれます。使用感はまさにタバコそのものです。それでいて、ニコチンの摂取量をカットしてくれるので、健康面での心配や不安は激減します。

また、飽きないように、様々なフレーバーが用意されているので、楽しみながら禁煙を続けていくことができます。さらにさらに、デザイン面もおしゃれなので、持ち運ぶこと自体に満足感があります。

電子タバコなんかで本当に禁煙できるのか、疑いの目を向けているあなた。試しに一度取り入れてみてください。きっと、今まで何をやってもうまくいかなかった禁煙が、びっくりするくらいスムーズに進みますよ。