結婚式の招待状といえば、ふたりの顔。その式の顔が汚れていると、招かれたゲストの祝う気持ちも半減してしまうものです。

日頃お世話になっている方々をお招きするものですから、マナーはきっちり備えておきたいですね。

下準備

まずは、自分の書きやすい毛筆・筆ペンをみつけましょう。

慶弔両用や、大小の太さを備えた筆ペンなど種類も豊富ですので、店頭で試し書きしお気に入りを見つけてください。

宛名書き・表面

横書き・縦書きを決めます。これは表面と裏面で統一してください。(裏面の差出人は印刷したものが多いですので、印刷されているものを使用する場合は合わせましょう。)

宛名が一家族3名までの場合、ご主人はフルネームで書き、家族は苗字を省き名前のみを書きます。

奥様と面識がない場合は令夫人と書いても良いです。

令夫人を除き、全員の名前に様を付けるのを忘れないでください。

4名以上の場合は、ご主人のフルネームの横にご家族様と書きましょう。

切手は、横書きの場合は右上、縦書きの場合は左上に貼ります。

宛名書き・裏面

差出人であるおふたりの名前と住所を書きます。

新婦の名前は、入籍していない場合は旧姓を書き、されている場合は苗字を省き名前のあとに(旧姓○○)と加えてください。

自筆に自身が無い場合は、筆耕業者を利用する方法もあります。

ですが達筆でなくとも、自筆の方が誠意や思いが伝わりあたたかい招待状に仕上がりますので、時間に余裕のある方はぜひ挑戦して頂きたいです。